星空を見上げてみよう

天文や星のこと、興味あることなどを綴っています

上弦の月


このところ雨模様でしたね。

 9月9日の夜、
仕事帰りに夜空を見上げると、
上弦の月が見えていました。

日本からは、
お月さんの右側半分が太陽の光を受けて輝いてみえます。
太陽と月がちょうど90度になるからです。


おや、そんな日になったか、
すると・・・火星と土星も近くにあるはず、と探しました。

見えました。
位置的にも赤く光っているのが火星、こっちは土星、と確認した。

私がいつも見ている占星学上の円形のホロスコープでは、
同じサインの近い度数というのはチャートの中での認識ですが、
実際にみると、トライアングルみたいにみえるんだなあ。
面白いなあ、と思いました。

上にお月さん、
その下の左に火星、右に土星の姿をじ~っとみていると、
黄道の幅、黄道と白道の差が実感できるので、面白いです。


「8月24日~25日 火星と土星とアンタレスが並ぶ夜」


8月24日 火星と土星がアンタレスの近くで合になります。
夜空の星座では、さそり座になりますが、
占星学上のトロピカルでは、
黄道で射手サイン9度の位置になります。
24日の日没後には天頂に3つの星がみえるでしょう。
時間がたつにつれて、西側へ移動していきます。


前回の火星と土星の合は、
2014年8月26日で、天秤サイン17度でした。


次回の火星と土星の合は、
2018年4月3日、山羊サイン8度です。


昨夜の台風9号は、比較的速度が速かったようで、
暴風雨の時間も短く、思ったよりもすぐ過ぎ去りました。
今日は、日中たまに雨模様でしたが、風は強くありませんでした。
夜はところどころ雲がかかっていましたが、
21時近くに、西よりの空に星が一つ見えていました。
少し赤っぽかったので、火星だったかもしれません。
土星やアンタレスらしきものは見えませんでした。

明日は見えるといいな(^^)





火星の輝き


最近は季節がら、夜も曇りがちの日が多く、
長い事、夜空の星はあまり見えませんでしたが、
昨夜は上弦の月がはっきりとみえました。

火星と土星とアンタレスも見えました。
木星も見えるはず、とおもって探しましたが、
雲がかかっていたのか見えませんでした。

火星は5月31日に地球に最も接近し、
特徴の赤い輝きを増していましたが、
まだまだ赤く強い光を放っているのが観察できました。

光の見え方では、アンタレスとの勝負は、火星の勝ち、ですね。


5月8日 アルデバラン食


5月7日は新月ですね。

翌日8日の日没前後、アルデバラン食があります。
細い月がアルデバランを隠すのですね。

恒星は地球からみてほとんど動きません。
72年に1度ぐらいのもので、
地球に生きている私たちが夜空を見上げると、
いつも同じところで光っているように見えます。

月は2時間で1度ぐらい進みますので、
月がアルデバランの位置を通り過ぎるように見えることになる。

細い月は太陽の光をわずかに反射して、
左側がかすかに光ってみえます。
アルデバランは、月の左側(暗い部分)から隠され、
光っている左の横から再び姿をみせるのですね。

新月後の月は太陽の近くにいますので、
太陽が沈んだ西の空ギリギリに
見えるか見えないかの位置になるでしょう。

見てみたいですね!




4月25日の星観察 月と土星 火星とアンタレス


4月24日に射手サインに入った月は
現在火星を追い越し土星に接近中です。

黄道上で0度になるのは、
26日に日付がかわっての4時48分頃。

今は東の空にありますが、
西の空に沈むころには月は土星を追い越してくのですね。
そして火星と恒星アンタレスもとても近くになっています。

27日の深夜には月と土星と火星が横に並ぶように見えることでしょう。

こちらは今は曇りで星ひとつ見えませんが、
晴れたら見てみたいですわ。







にほんブログ村



続きを読む

第9惑星か!!


ふとTVをつけたら、ニュースでやっていて知りました。
へえ~、と思って眺めてると、おや??
マイク・ブラウン教授の名前に気づきました。

私は、ある冥王星の本を読んで、
その著書として知っていた人物ですが、
この人がそうなんだ!!
と、初めてお顔を拝見することとなりました。

天文学者だけれど、育児パパとしての奮闘ぶりも、
本に書かれていますね。

ネットでのニュースはこちら
http://www.gizmodo.jp/2016/01/planet-x.html

ふたご座流星群 が 12月15日に極大 !!!


ふたご座流星群は
12月5日頃~12月20日頃まで活動する流星群で、
今年2015年のピークは日本では12月15日03時頃との事です。

ふたご座の星(恒星)といえば、
カストルとポルックスですが、
放射点はカストル付近なので、
カストルから降ってくるように見える流れ星になりますね。☆

現在は新月を過ぎ、
月は日没後に三日月の姿を少しずつ太らせながらも
まもなく西の空に沈んでいきます。
月が沈むと、東の方からふたご座が昇ってきます。
極大時間の午前3時には天頂にやってきます。

流れ星は、地球にいる私たちからみると、
同じような時期に見れるので、やってくるように思えますが、
地球が彗星や小惑星(今回は小惑星フェトン)がまき散らした
宇宙の中のチリのある場所を通過する時なのですね。

宇宙船地球号から見える光景ということになるでしょうか。

12月は何かと忙しく、
空を見上げてみる余裕などはなかなかないかもしれません。
お天気によりますが、綺麗に星が見えていると、
時々、ハッとします。
忙しさで見失っていた何か、
自分の居場所の現在地を確認できたような、
なんとなく不思議な感じで、
また、どこか安心したりしますね。

星降る夜・・・・
冬の澄んだ空に流れ星を見つけてみましょう。





 

10月16日の星観察

先日の10月9日と10日は、
明け方の空に金星、火星、木星に月が見えていました。
レグルスも近くに位置していました。

私は9日はチャンスがありませんでしたが、
10日の明け方に窓の外を覗くと、金星と月と木星が見えました。
火星とレグルスは見つけにくく、あまり見えなかったです。

10月13日は天秤サインで新月ですね。
 
新月を過ぎると月は、日没後の西の空にだんだん見え始めてきます。
10月16日には、三日月になり土星の近くを通ります。
近くには恒星のアンタレスも赤く輝いているはずです。

私はこのところ、西の空に見えるオレンジっぽい星は、
アンタレスだろうと思ってみていましたが、土星も近くにあるはず、
その違いがはっきりとわかりませんでした。
色も違うはずなのですが・・・・。
16日には、月を目印に観察してみるチャンスがやってきます。
アンタレスと土星の位置関係と色を確認してみようと思います。

また16日は、水星が西方最大離角になります。
こちらは、明け方の東の空に見えてきます。
まだ、金星も火星も木星も綺麗に見えてきますが、
水星が一番最後に昇ってきます。

16日は、
明け方は東の空に水星を、
日没後には三日月と土星の接近が見れるチャンスです ♪








りゅう座流星群

10月9日、りゅう座流星群が極大になります。
日没後の北西の空を眺めてみましょう。
流れ星に出会えるチャンスかもしれません。

流れ星が生まれるようにみえる地点は
りゅう座の頭のあたりです。

りゅう座といえば、
昔々は、りゅう座のアルファ星である、トゥバンが北極星でした。
トゥバンの由来は、アラビア語で竜からきているそうです。

今回の流星群の放射点はりゅうの頭ですが、
トゥバンは、しっぽの近くにある3等星です。


空を見て、すぐあれは何々の星!
と、すぐ見つけられるといいのですが・・・
私など、見つけられるのはいまだに、
夏は白鳥座、冬はオリオン座ぐらいのものです。

現在、日没後の西の空には、
オレンジのような黄色にも見える星が輝いていますが、
あれは、恒星のアンタレスか、土星か?
などという見分けがつきません。
空の星をちゃんと知って、恒久に想いを馳せてみたいです。


9月25日 火星とレグルス


火星は現在、日の出前の東の空に見えます。
見えるといっても、明るさはいまいちで、
見つけにくいかもしれませんね。

先日の9月22日は金星が最大光度でした。
日の出前の東の空に、
ひときわ明るく輝いていましたね。
木星もあとから顔をだしていました。
その光景はとても綺麗でした ♪

金星と木星の間に、火星もいたはずなのですが、
その光を肉眼で(メガネかけても)とらえることは難しかったです。

今の火星と地球との距離はちょっと遠いので、
太陽からの光の反射も地球に届きにくいのでしょうね。

火星が地球に近かったのは、 2014年の4月14日でしたが、
この日は満月直前だったこともあり、
まるまると太ったお月さんの隣に、火星の姿を見つけるのは容易でした。
火星はルビーのように赤くて鈍い光を放っていて、
シブいな~と思って眺めていたものです。

さて、火星ですが
9月25日頃に、恒星レグルスの近くを通ります。
金星と木星の真ん中あたりに位置します。
朝の4時頃ですと、
レグルスの左上に赤い火星が寄り添うように見えるはずです。

レグルスは比較的青白い光であるのに対し、
火星は赤い光なので、色を比べてみるのも興味深いと思います。

見えたらいいですね ♪



   
プロフィール

leona

訪問ありがとうございます! 楽しく遊んでいって下さいね♪ 面白かったら是非ぽちっと応援お願いします!  
人気ブログランキングへ