新弾で追加されたゴルパラ新構築です!


IMG_4313

_________________________________

▪︎レシピ

▪︎G3 14枚
4 灼熱の獅子 ブロンドエイゼル
4 レーブンヘアードエイゼル
4 光輝の獅子 プラチナエイゼル
2 戦場の嵐 サグラモール

▪︎G2 8枚
4 神技の騎士 ボーマン
4 風炎の獅子 ワンダーエイゼル

▪︎G1 11枚
4 美技の騎士 ガレス
4 紅の獅子獣 ハウエル
3 真実の聴き手 ディンドラン

▪︎G0 ☆8 引4 治4
4 フレイム・オブ・ビクトリー (☆)
4 蒼天の騎士シャナク (☆)
4 光輪の盾 マルク(引:守)
4 エリクサー・ソムリエ(治)

_________________________________


▪︎カード解説

  • 光輝の獅子 プラチナエイゼル
ブロンド→レーブンまでスペライした後に
プラチナを重ねると実質4ドライブというアクセルでもトップ性能です。

しかし、Vに重ねるだけでも自身含め3枚必要です。
順当に重ねるだけではやはり不安定要素が強いです。

このカード
ガルモール、サグラに次いで出たVでリソースを取れるカードです。
実質3ドライブで最大値も上がる為、乗り直し無しでも確実にアドバンテージを取れます。

ブロンドから乗れない場合でのプラチナエイゼルから動ける点について触れながら解説していきます。



▪︎デッキ解説


  •    ブロンド→レーブンの不安定さの解消

順当にエイゼルを重ねるのはもちろん強いですが、それと別に先乗りプラチナからスタートする選択肢が増えました。



Aルート 
ブロンド(スペライ)→レーブン(スペライ)→プラチナ

以前の動きにプラチナが加わった札が揃った理想の動きです。
アクセル3面+実質4ドライブ+リソース確保で圧倒的なまでの動きでマウントを取ります



Bルート
プラチナ→ブロンド→レーブン(スペライ)

プラチナで1ターン動いたあと、ブロンド→レーブンと重ねます。このタイミングでアクセル2面が増える為、一気に6点目まで詰めやすい盤面になります。

ボーマンを絡めれば、プラチナ効果を誘発させたあとにブロンドスペライ→レーブンスペライ実質3ドライブガード制限が可能になります。

この動きで無理矢理キルターンを早めることが出来るようになりました。



Cルート
ブロンド→プラチナ→プラチナorレーブン

ブロンドからレーブンに繋げられなかった場合に発生します。
Aルート、Bルートほどに火力がありません。
3ターンにかけて緩い動きをしてしまうので、このデッキでは一番弱い動きにあたります。
ブロンドスペライ→プラチナ→…と繋げられれば速度的には他のデッキと並ぶので及第点です。



▪︎採用、不採用カード

  • 光輝の獅子プラチナエイゼル
前述した通り、プラチナエイゼルから動ける場面が増えたというのはこのデッキでの強みです。

治、引トリガーの引きやすさから、乗り直しせずにBルートを目標に相手のリアを殲滅しながら1ターン分のキルターンを伸ばすことも可能です。

決定力もあり、下ブレ回避の為にも4枚必須だと思います。



  • ブロンド、他スペライパーツ
こちらも前述した通り、A〜Cルートのどれを見てもブロンドスペライを視野に入れています

ブロンドスペライできない場合は、しっかりと展開していき、点数を伸ばすことを意識します。プラチナでリソースが取り返せる為、除去されても問題ありません。

ブロンドスペライ失敗→プラチナにも乗れない
という動きはノーマルユニットがまともに引き込めていないので、このデッキ関わらず不利な状況なので考えていません。



  • サグラモール
ブロンドスペライでSB1
サグラ→ディンドランでSB2
これ以降、乗り直しかハウエルを誘発しない限り不発してしまいます。

ディンドラン抜いてCCする選択肢が取れなくなるのは、点止めできるデッキが増えた環境では非常に弱点となります。

もし採用するとして、3枚目以降はプラチナorディンドランを減らすしかなく、切り詰めてもスペライパーツを減らすのでは本末転倒です。

しかし、1枚で完結しているドローカードという点でやはり優秀です。

2回以上使用できないことから
デッキの残り1枠+7kのディンドランに乗る可能性を減らすことで空いた1枠
の2枚で落ち着きました。


  • ☆トリガー
デッキのコンセプトにレーブンを抱えている以上、☆軸が最適解です。
レーブンの3ノーから倒せる点に加え、プラチナ期待値が上がってるとこから4ノーを選択させないという理由もあります。



_________________________________

▪︎まとめ

レーブンを重点に置いた構築にすれば、
サグラモール、ディンドランを最大数採用して回せます。

守護者を維持する対面に対してはレーブン
その逆でリソースを維持する対面にはプラチナ
と2通りの動きで選択できるにがやはり強いです。


10月以降のウルトラレア第2弾(予想)でも強化があると思うので、1年通して長生きしてくれると思いますw


ということでざっとした解説でした!


この他の軸で、ホエルカエダンを採用した軸も考えているのでまた暇があれば見ていって下さい。



おわり