「市川千太郎劇団」

名舞台・芝居「湯島の白梅」(「市川千太郎劇団」・平成20年8月公演・浅草木馬館)

【市川千太郎劇団】(座長・市川千太郎)〈平成20年8月公演・浅草木馬館〉                      この劇団は、昨年、十条篠原演芸場で見聞ずみ。座長の女形が初代・水谷八重子「もどき」で秀逸、「湯島の白梅」の舞台が印象的だった。「劇団紹介」のパンフレットによれば〈プロフィール 市川千太郎劇団 創立は明治初期にさかのぼり、現在の座長で6代目となる、歴史と風格のある劇団。楽しく明るい劇団をモットーとし、それが舞台上にも反映されている。座長の笑顔はもとより、座長の兄・市川良二の芝居でのアドリブ、座長の父・千草の気の利いたトークなど、あらゆる面において楽しませてくれる。特に、新派劇を得意とする。座長 市川千太郎 昭和48(1973〉年9月1日生まれ。大阪府出身。血液型B型。「市川千太郎劇団」6代目座長。市川千登勢という名で10歳で初舞台を踏む。平成5(1993)年5月25日、6代目座長・市川千太郎を襲名。10代の頃から女形を得意とし、ファンから「千様」と呼ばれる座長のスマイルにはいやしの力があると言われる。常に前向きに向上心をもって舞台に励み、日々お客様を楽しませるよう、努力している〉ということである。また、キャッチフレーズは〈その笑顔に、誰もが癒される・・・。ファンから「千様」の愛称で親しまれる千太郎座長。笑顔がとても魅力的で、微笑みかけられると、自然と微笑み返してしまう・・・。不思議な魅力を持つ劇団です。〉であった。

 芝居の外題は、(昨年見聞した舞台と同じ)「湯島の白梅」、一度観ているので他の演目を観たいとも思ったが、とんでもない。まさに斯界の最高傑作、珠玉の名品、至芸ここに極まれり、という「出来栄え」であった。開幕から閉幕まで「寸分の隙」もない座長・千太郎(お蔦)の所作と口跡、それをしっかりと受けとめる兄・良二(主税)の「侠気の気配」が、えもいわれぬ風情を醸し出す。二葉百合子の浪曲にのせた「節劇」をベースに、島津亜矢の「お蔦」まで、まさに「絵巻物」を観るような舞台の連続であった。なるほど、「歴史と風格のある劇団」「特に、新派劇を得意とする」、という看板に偽りはなかった。 1年前の舞台に比べて、座長・市川千太郎、その兄・市川良二の「実力」は大幅にアップしたように思う。その中身を一言で言えば「余裕・ゆとり・貫禄」といった雰囲気であり、「客との呼吸の合わせ方」が達者になった(背中で客の目線・呼吸を感じることができるようになった)ということであろうか。当然とはいえ、他の劇団員の「実力」も着実に向上している。開演直後のミニショーも「選りすぐり」の演目で構成されており、ベテラン市川トモジロウを中心に、若手・市川センヤ、市川ユウキ、市川智也、市川ミホらの舞姿も「水準」以上、「絵」になっていた。(特に、市川良二の「女形舞踊」は絶品)  惜しむらくは、座長の父・市川千草の姿を拝めなかったことである。

人気ブログランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

劇場界隈・東京浅草木馬館・《浅草観音温泉&市川千太郎劇団》

 午後3時、炎天下の浅草界隈に辿り着く。木馬館開場までまだ1時間ある。私は、迷うことなく「浅草観音温泉」に飛び込んだ。入浴料700円。えっ?これって、ほんとに温泉なの?看板に天然温泉と書いてあるのだから、間違いない。それにしても、愛想も何もない風情で、脱衣場には、やたらと「手書き」の注意書きが多い。ちなみに、それらを書き出してみると、以下の通りであった。       ①注意して下さい。浴場内でもどこでも鍵は手から放さずに気を付けて下さい。ロッカー泥棒に協力した方に協力金1万円を支払い致します。

 ②ロッカー荒師に注意して下さい。2~3名でコンビを組んで、バール、ドライバー等でロッカーの戸をこわして開ける者に気をつけましょう。お気付きの方はすぐにフロントまで、2~3分で警察官がまいります。貴重品ロッカーは、玄関受け付けにあります。フロントにてビデオ撮りあり、万一の時は参考にします。

 ③注意して下さい。一瞬のうちにロッカー鍵をすり替えて現金等を持ち逃げする事件が多発しています。土曜、日曜は特に気を付けて下さい。鍵は必ず手から放さずに。

 ④マナーのお願い 浴槽に入る前に下部分を洗ってから入浴して下さい。

 ⑤ 髪を染めるの厳禁 他人にもフロ屋にも迷惑 髪染め確認した方は以後入浴お断り。ペナルティ金(迷惑料)2000円を頂きます。とにかく染めないこと!

 「ロッカー荒師」という言葉も初耳だが、公衆(浴場)の面前で「2~3人でコンビを組んで、バール、ドライバー等でロッカーの戸をこわして開ける者」がいるのだろうか。また、「お気づきの方は・・・」とあるが、そんな大がかりな仕事に気づかない人がいるだろうか。気がついても「おそろしくて何もできない」か、「フロントに知らせたくない」(そのコンビの見張り役)かのどちらかであろう。いずれにせよ、この浴場では、①金品が盗まれる、②下部分を洗わないで入浴する、③髪染めをする、などの違法・不法行為が目立つということを店主みずからが警告していることに間違いはない。その結果、客同士がお互いを不審な目で見ることになり、一種独特な雰囲気が醸し出される。泥棒を捕まえたら1万円の御褒美、髪を染めたら2000円の罰金、というシステムも、その「割り切り方」が単純明確で、大変わかりやすかった。

 浴室の設備も、至って簡素、シャワー、ジャグジー、ソープ、シャンプーなどは皆無、

黄色い湯おけ(プラスチック製・「ケロリン」マーク入り)と、赤(湯)・青(水)のカラン、大小二つの湯船に水飲み場だけという風情であった。湯船の中には、「保健所の指導」により、大きなナフタリンのように見える消毒剤が投入されていることも、興味深い。

 ここは浅草、本堂や仲見世が観光客でごった返しているというのに、入浴客は3~4人程度、身も心もゆったりとして、汗を流すことができた次第である。

 午後5時から、木馬館で大衆演劇観劇。「市川千太郎劇団」。この劇団は、昨年、十条篠原演芸場で見聞ずみ。座長の女形が初代・水谷八重子「もどき」で秀逸、「湯島の白梅」の舞台が印象的だった。「劇団紹介」のパンフレットによれば〈プロフィール 市川千太郎劇団 創立は明治初期にさかのぼり、現在の座長で6代目となる、歴史と風格のある劇団。楽しく明るい劇団をモットーとし、それが舞台上にも反映されている。座長の笑顔はもとより、座長の兄・市川良二の芝居でのアドリブ、座長の父・千草の気の利いたトークなど、あらゆる面において楽しませてくれる。特に、新派劇を得意とする。座長 市川千太郎 昭和48(1973〉年9月1日生まれ。大阪府出身。血液型B型。「市川千太郎劇団」6代目座長。市川千登勢という名で10歳で初舞台を踏む。平成5(1993)年5月25日、6代目座長・市川千太郎を襲名。10代の頃から女形を得意とし、ファンから「千様」と呼ばれる座長のスマイルにはいやしの力があると言われる。常に前向きに向上心をもって舞台に励み、日々お客様を楽しませるよう、努力している〉ということである。また、キャッチフレーズは〈その笑顔に、誰もが癒される・・・。ファンから「千様」の愛称で親しまれる千太郎座長。笑顔がとても魅力的で、微笑みかけられると、自然と微笑み返してしまう・・・。不思議な魅力を持つ劇団です。〉であった。

 芝居の外題は、(昨年見聞した舞台と同じ)「湯島の白梅」、一度観ているので他の演目を観たいとも思ったが、とんでもない。まさに斯界の最高傑作、珠玉の名品、至芸ここに極まれり、という「出来栄え」であった。開幕から閉幕まで「寸分の隙」もない座長・千太郎(お蔦)の所作と口跡、それをしっかりと受けとめる兄・良二(主税)の「侠気の気配」が、えもいわれぬ風情を醸し出す。二葉百合子の浪曲にのせた「節劇」をベースに、島津亜矢の「お蔦」まで、まさに「絵巻物」を観るような舞台の連続であった。なるほど、「歴史と風格のある劇団」「特に、新派劇を得意とする」、という看板に偽りはなかった。 1年前の舞台に比べて、座長・市川千太郎、その兄・市川良二の「実力」は大幅にアップしたように思う。その中身を一言で言えば「余裕・ゆとり・貫禄」といった雰囲気であり、「客との呼吸の合わせ方」が達者になった(背中で客の目線・呼吸を感じることができるようになった)ということであろうか。当然とはいえ、他の劇団員の「実力」も着実に向上している。開演直後のミニショーも「選りすぐり」の演目で構成されており、ベテラン市川トモジロウを中心に、若手・市川センヤ、市川ユウキ、市川智也、市川ミホらの舞姿も「水準」以上、「絵」になっていた。(特に、市川良二の「女形舞踊」は絶品)惜しむらくは、座長の父・市川千草の姿を拝めなかったことである。(ただし、舞踊ショー時のアナウンス、音響効果担当は斯界のお手本になる出来映えで、お見事という他はない。(平成20年8月)

人気ブログランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ