【ワシントン野口武則】鳩山由紀夫首相は13日午後(日本時間14日未明)、米国ワシントンで開催中の核安全保障サミットの会場で、ロシアのメドベージェフ大統領と約25分間、会談した。鳩山首相は北方領土問題について「(4島の)帰属が確定した後に生じる課題は実務的にクリアされている。あとは政治レベルで解決する帰属の問題だ」と述べ、首脳間協議で4島の帰属問題を解決させたいとの考えを伝えた。会談後、首相は記者団に「政治マターで解決しようと先方の意思もいただいてまいった」と語った。

 両首脳は、6月のカナダでの主要8カ国(G8)首脳会議(サミット)、9月のロシア・ヤロスラブリでの国際会議、11月の横浜でのアジア太平洋経済協力会議(APEC)の場を利用し、本格的に議論することで一致。大統領は「領土問題は難しい問題だが、自分は逃げるつもりはない。静かな雰囲気の下でじっくり協議していきたい」と述べた。首相は記者団に「トップ同士で解決するのが唯一の手段だ。3回、大いにやろうじゃないか」と意欲を示した。

 首相は領土問題と経済協力を「車の両輪」として交渉を進展させ、ロシア側が言及している「独創的なアプローチ」の具体案を引き出したい考え。両氏の会談は昨年11月のシンガポールでのAPEC以来、3回目。

【関連ニュース】
普天間移設:5月末決着…米大統領への首相の直談判不発
鳩山政権:また「学級崩壊」?…閣内に相次ぐ意見対立
鳩山首相:ガス田開発「交渉開始を」胡主席に要請
普天間移設:「5月末決着」明言 首相が米大統領に
鳩山首相:核サミットに出発 普天間、非公式協議へ

山崎さん、着物姿ですし振舞う 野口さんも手伝う(産経新聞)
【Web】プラスネットで新ラジオ(産経新聞)
舛添氏、橋下・東国原知事との連携に積極姿勢(読売新聞)
少年愛好「ショタコン」国際化、性ビジネス確立(読売新聞)
石原都知事 新党の発起人に 手詰まりの都政に嫌気?(毎日新聞)