「風呂場と、それから洗濯機を変えたかもしれない。そのくらいかもしれない」

 鳩山由紀夫首相は12日の衆院予算委員会で、自民党の与謝野馨元財務相から昨年10月末に首相公邸に入居した際の改修費について、「どこをどのように、どの予算で直したのか」と問われると、こう答えた。

 ところが、首相は12日夜、記者団に対し、「調べたら風呂は改修していなかった。実は、和室を洋風にして寝室にしている。そのための改修費がかかっている。洗濯機もそうでもなかったみたい」と述べ、改修した個所を訂正した。

 首相は記者団から改修総額をたずねられても、「今、出す必要もない」と一蹴した。それどころか「毎年、公邸の主が代われば毎年、改修しなければならない。毎年のように首相が代わること自体を変えることが経費を節減する道だ」と開き直った。

 首相側近は「(民主党は)野党暮らしが長いから、国会で追及されるかどうかの基準で考えている。改修費は過去の例と同じ水準に収めている」と強調したが、改修費の合計金額については明らかにしなかった。

【関連記事】
陸自幹部を文書注意 「『信頼してくれ』では同盟維持できぬ」発言
公務員法の閣議決定見送り 降格規定巡り原口総務相が異論 
菅氏と松野氏に居眠り疑惑浮上 天皇陛下御在位20年記念式典で
台本書いたのダレ?石川&小沢“偽装”離党で幕引き図る
「脱税王だ!」“子ども首相”逆ギレもマザコン「母に…」

SHIHO流「やせトレ」 DVDブック発売(産経新聞)
降格要件緩和で再調整=公務員法案、来週の決定目指す(時事通信)
当時の上司、検察調書の内容否定…村木元局長公判(読売新聞)
<衆院予算委>守秘義務めぐり応酬 個所付け情報(毎日新聞)
再診料引き下げに断固反対を強調―日医・中川常任理事(医療介護CBニュース)