青森県はこのほど、北海道・北東北を中心とする縄文遺跡群の世界遺産登録を目指したPR活動の一環として、県出身のデザイナーから寄付されたキャラクター「Jタロー」を観光施設「アスパム」(青森市)の2階に設置した。
 Jタローは高さ2メートル40センチ、幅が約1メートル。もともとは土偶の顔をモチーフにした「青森の縄文」をPRするロゴマークで、派生キャラクターとして誕生した。縄文の豊かさやおおらかさを表しているという。
 ロゴマークをデザインした尾崎伸行さんが、今年1月に東京・原宿で開かれたイベントに参加するために制作し、出展した後、縄文のPRに活用してほしいと寄付を申し出た。 

元光GENJIメンバーに実刑=裁判官「更生を期待」-千葉地裁(時事通信)
急拡大カーシェアリング 車両管理、安全、防犯に課題(J-CASTニュース)
加藤清正が空港に登場=熊本〔地域〕(時事通信)
岩手で住宅全焼、焼け跡から3遺体(読売新聞)
「学校崩壊」原因で自殺は労災…大阪地裁判決(読売新聞)