政府の行政刷新会議は8日、09年度予算の執行状況検証のために各府省が実施する「行政事業レビュー」で、外部有識者も交えた公開部分の基準を決定した。予算額が大きい事業や、長期間実施され改善の余地があるものなどを公開対象とする。09年度予算を編成した自公政権の「無駄遣い」をあぶり出す狙いもある。

 鳩山由紀夫首相はあいさつで「レビューは行政自ら事業仕分けを行う新しい試み」と強調。枝野幸男行政刷新担当相も8日の衆院本会議で「各府省で(財務省への)予算要求前に使途の実態を把握し、結果を予算要求に反映する」と歳出抑制の意義を強調した。

【関連ニュース】
行政刷新会議:茂木議員が18公益法人で役員
行政刷新会議
行政刷新会議:茂木キッコーマン会長、18公益法人で役員 仕分け、公平性に疑問

<石井十次賞>松山市の児童養護施設「愛媛慈恵会」に決まる(毎日新聞)
協力しないなら「内閣去れ」=市町村への権限移譲で-原口総務相(時事通信)
82歳男性が妻と心中か 世田谷区(産経新聞)
トラック正面衝突、2人死亡=国道で4台事故-長野(時事通信)
幹事長に舛添氏を…自民熊本県連(読売新聞)