JR西日本は19日、JR福知山線脱線事故を教訓に安全性を高めて設計した新型近郊電車「225系」の試験走行中、車両の屋根上にあるヒューズの収納箱からふたが落ちてなくなったと発表した。ふたは強化プラスチック製で縦約40センチ、横約60センチ、重さ約3キロ。沿線でけが人はなかったが、ふたは見つかっていない。新型電車は17日、報道関係者に公開されたばかり。JR西は車両の製造元での取り付けが不十分だったとみて詳しい原因を調べている。

不当に低い人事評価で昇給遅れ、小学校教諭勝訴(読売新聞)
三宅氏、代議士会で事情説明と陳謝(スポーツ報知)
金星探査機「あかつき」打ち上げ延期(産経新聞)
かすむ明石海峡 神戸などで濃霧(産経新聞)
虚偽申請で訪問介護事業所の指定取り消し―岐阜(医療介護CBニュース)