感染拡大が続く口蹄(こうてい)疫に対し18日、非常事態宣言を発した宮崎県。「このままでは県の畜産が壊滅する」と宣言では危機感を鮮明に出した。一方、会見した東国原英夫知事は、連日の拡大防止などへの対応に疲労困憊(こんぱい)の様子。今後の対応を迫る報道陣に対し、「けんかを売ってるのか」と声を荒らげ、退席しようとする一幕もあった。

 非常事態宣言は「懸命の防疫措置を講じてきたが、拡大が止まらない」として、消毒を徹底することや県民に対し不要不急の外出を控えることを記した。

 会見で東国原知事は、殺処分かワクチン接種かなど今後の防疫体制について「検討します」との言葉を繰り返した。

 しかし記者から、知事の判断ではないかと問われると、徐々にヒートアップ。最後には「我々は一生懸命やっているんです。毎日寝ずに」と怒鳴り、机をがんと叩いて「以上です」と会見を打ち切ろうとした。

 制止する報道陣に対し、「けんか売ってるのはそっちだ」と声を張り上げたが、職員らに促されて再び、会見の席に着いた。

 国の支援策などについて聞かれると、ようやく落ち着きをみせ、最後には「速やかに一歩踏み込んだ対策を出したい」と話した。

【関連記事】
口蹄疫 宮崎県に非常事態宣言 東国原知事
口蹄疫被害8万2000頭 政府の対応遅れに怒り
「口蹄疫、一体となって対応」官房長官が東知事に 被害160億円
平野長官、東国原知事と会談 「後手批判」取り繕う狙い
「今の状況は地獄だ」 風評被害に苦しむ宮崎
中国が優等生路線に?

清水の舞台で“融合”「Eve(イヴ) 菱沼良樹+天野喜孝」(産経新聞)
<国選弁護制度>利用件数1年間で9倍に 対象事件拡大で(毎日新聞)
交際女性の同意得ず、薬品で流産…医師逮捕(読売新聞)
小沢氏「誠実に対応」と談話、会見には応じず(読売新聞)
首相動静(5月14日)(時事通信)