民主党の小沢一郎幹事長は17日の記者会見で、自らの資金管理団体の事件を弁明する衆院政治倫理審査会を公開で行うかどうかに関し「私自身はどっちでもいい。別に何にもないからどっちでもいい」と述べ、判断を避けた。小沢氏はまた、「別に出るのが嫌だというわけではない。それによってより国民が納得していただければ、それも一つの方法だと考えている」と出席を明言した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

<訃報>加藤克巳さん94歳=歌人(毎日新聞)
「大敗しかねない」民主に不安…北教組初公判(読売新聞)
ゆったり 平安絵巻 都大路で葵祭(産経新聞)
参院選、先送りも 「政治とカネ」終盤国会にズシリ…(産経新聞)
心電図送信機のチャンネル番号入力間違えで医療事故(医療介護CBニュース)