株式会社イーエスピー(ESP Co.Ltd、Electric Sound Products)は、音楽関連企業。音楽事業、楽器製造事業とアーティストやギター職人等を養成するための専門学校をはじめとする音楽教育事業を大きな柱としている。1975年に日本にて設立され、1981年にアメリカへ進出した。[1]ギター・メーカーとして1975年に高級カスタムギターの製作とプロ・ミュージシャンのリペアーなどを行う目的で設立され、人気ギタリストのCharのシグネチュア・モデルや、1980年代のジャパニーズヘヴィメタル(ジャパメタ)ブームに乗り躍進。ラウドネス、アクションなど当時の人気バンドの数多くのグループがESPのギターを愛用した。日本国外においても、当初どのオーダーメイドのメーカーでも引き受けて貰えなかった世界的人気バンドのジャーニーのニール・ショーンのダブル・ネックギターをみごと形にし話題となり、その後ドッケンのジョージ・リンチや当時KISSに在籍していたブルース・キューリック、メタリカのジェイムズ・ヘットフィールド、カーク・ハメットらの使用により有名ブランドとなった。成功の主な理由としては、パーツの選定のみならずボディの形状まで顧客が指定できるフルオーダーシステムでギターが注文でき、ストラトキャスター、レスポールなどのトラディショナルな外観に飽き足らないユーザーに支持されたこと(これは後のヴィジュアル系ブームに受け継がれる)、ミュージシャンとのエンドース契約に積極的であったことによりブランドイメージを上昇させたことが上げられる。同時にミュージシャンモデル(シグネイチャーモデル)を価格帯毎に販売する手法は、現在ではエレキギターの業界で一般化されている。ギターの工作力は高く、NAMMやフランクフルト・ムジークメッセ等の楽器展示会やトレードショーに出展されるショーモデルでの精密なペインティングや彫刻を施したギター、そしてTHE ALFEEの高見沢俊彦が所有する、"エンジェル"、"F1マシン"等のギターの常識を超えた変形ギターを製作する等、木工・塗装技術とも群を抜いている。ESPは多数のブランドを抱えており、フェンダー、ギブソンのトラディショナルなモデルのコピーモデル中心のブランドである“ナビゲーター Navigator”、同社のヘヴィメタル系のシグネイチャーモデルの普及品を中心に攻

共同採用へ協定締結=小学校教員-秋田県・東京都両教委(時事通信)
「検察リーク」で調査チーム=捜査や報道けん制の狙いも-民主(時事通信)
小沢一郎政治塾「税金で側近育成」との批判も(読売新聞)
<ウェッブ上院議員>グアム移転計画「日本の結論待ち」(毎日新聞)
虚偽申請や検査妨害で訪問介護事業所の指定取り消し―岡山(医療介護CBニュース)