ハゲで人見知りの理由

00_676




正直に告白します。

僕は35歳独身、会社員です。


 

年の割には髪の毛が薄く面と向かって言われる事はないのですが取引先の人と話をしていると視線が僕の頭の方へ行っているのが気になっていました。

そう、ハッキリいって大分ハゲています。

 

そのせいで人見知りになり、引きこもりまで行きませんが人と話すのが怖くなり、大事な商談の時も上司の隣でただ黙って座っているだけの目立たない存在になっていました。


特に女性と話すことが出来なくなって、彼女も居ません。
 

以前は付き合っていた人もいたのですが、髪の毛が気になり始めてからというもの、劣等感が先に立ってしまって、どうしても積極的になれませんでした。




接待の飲み会も正直怖いです。

スナックやキャバクラに行くこともあるのですが、女の子とはあまり話せません。

会社の先輩や上司から「暗いやつ」「モテないやつ」のレッテルを貼られています。


 

そういうイメージからか、社員の女の人も僕は「キモイ男」と思われているらしく、恋愛対象にはされていないようです。


今まで色々試してみました。

育毛シャンプーから増毛剤、試した育毛増毛ケア製品は数えきれません。

エステや高額なヘアーサロンにも通った事があります。

 

カツラを被るという選択肢もあるにはあるんですが、まだ若いし出来れば自分の髪を復活させたいと思っています。

色々試しながらも情報を探し求めていた僕がたどりついたのが「低周波レーザー」というものでした。


毛髪が薄いのは頭皮に元気がないのが原因です。

 

低周波レーザーを使用すると頭皮の元気を取り戻す事が出来ます。

今まではサプリや発毛剤、サロンに相当のお金をかけていました。

さすがに育毛サロンは専門家だし、料金もそれなりだからある程度も効果はありました。

 

でも、高い事に加えて上手く予約が取れなかったり、自宅から結構な距離電車で通う必要がありました。

何より「恥ずかしかった」のです。

受付の女の子に顔を見られるのも恥ずかしくて、次第に足が遠のきました。

 

自宅で増毛出来ないかと探し求めていた時にヘアレーザーを見つけました。

使い初めて2ヶ月くらいたったところで低周波の働きで頭皮が健康になったのかブラッシングの時の抵抗感が増していることに気づきました。

 

現在進行形で髪が増えているのが解ります。

ボリュームのある頭髪になると様々な髪型が楽しめるんですよ。

芸能人の髪型を真似てみたり、散髪に行って自分の好きな髪型をリクエストしたり。

 

以前は床屋に行くのが嫌だったんですけど、今は逆に楽しみです。

ヘアレーザーを使うようになってから取引先の方とも上手く話せるようになり、つい先日は自分一人の力で大きな商談をまとめる事が出来ました。

 

それだけではありません。

その会社が主催するパーティーで受付の女性とデートまでこぎ着ける事が出来ました。

6年ぶりに僕に彼女が出来そうです。

 

髪の毛が増えるだけでこうまで人生が変わるとは思いませんでした。

■育毛レーザーの公式サイトで詳しい情報を見てみる