厚生労働省は23日、兵庫県西宮市と鳥取県内で、抗インフルエンザ薬タミフルに耐性を持つ新型インフルエンザへの感染が報告されたと発表した。いずれも9歳の男児でタミフルを服用しておらず、耐性ウイルスが人から人に感染した疑いがあるという。
 耐性ウイルスはこれまでに全国で52例が報告されている。このうち人から人に感染した可能性があるのは、今回を合わせて6例。周辺への耐性ウイルスの感染拡大は確認されていない。
 西宮市の男児は昨年12月9日、鳥取県の男児は同月17日に発熱し、いずれも別の抗ウイルス薬リレンザを処方された。鳥取県の男児は同時期に弟と妹も感染してタミフルを服用しており、弟か妹の体内でウイルスが変異して耐性株になった可能性もあるという。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
国産ワクチン在庫、774万回分=1月中旬時点、新型インフル用
ピーク越え宣言へ=新型インフルで緊急委-WHO
新型インフル諮問委、記録残さず=首相に答申の専門家会議

別姓導入へ「首相が先頭に」=千葉法相(時事通信)
<雑記帳>声優の水樹奈々さんが「新居浜ふるさと観光大使」(毎日新聞)
「メダカのように泳いでます」=五輪選手団にもエール-野口さん、宇宙基地から会見(時事通信)
2000個、追悼のともしび=通行人も参加、福知山線事故-兵庫(時事通信)
オウム新実被告の死刑確定(産経新聞)