鳩山由紀夫首相は21日午後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、米政府が普天間の継続使用かキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移す現行案の履行しか認めないとの一部報道について「承知していない」と述べた。また、「米国も現行案がベストだと思っていると思うが、それだけにとらわれない幅広い考え方も持っていると思う」との認識を示した。都内で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
閣僚会議で県外移設の議論を=社民党首
鳩山首相と関係閣僚が23日協議=政府案決定へ詰め
勝連半島沖への移設に反対=普天間移設で意見書
普天間「県外移設、難しい」=鳩山首相認める
県内移設2案、重ねて拒否=仲井真沖縄知事

<性同一性障害>手術ミスで和解 説明の不備認める(毎日新聞)
首相動静(3月21日)(時事通信)
ダム工事 「小沢氏に業者逐一確認」高橋元秘書が初証言(毎日新聞)
警官のネクタイ引っ張り抵抗、女性米兵逮捕(読売新聞)
高1長女の交際相手殺害、父親に懲役8年判決(読売新聞)