千葉県木更津市の家裁支部で弁護士の男性を殴りけがを負わせたなどとして、県警木更津署は12日、傷害と脅迫の疑いで、同市真舟、造園業高橋博明容疑者(64)を逮捕した。被害者の弁護士は離婚調停中の妻の代理人だった。同署によると、「妻の住所を教えてくれず、頭にきた」などと容疑を認めているという。
 逮捕容疑は1月8日午後1時35分ごろ、千葉家裁木更津支部で、千葉市花見川区の男性弁護士(71)の顔を右手で殴り、3週間のけがを負わせた。
 このほか、同月14日午後4時ごろ、男性が勤務する東京都中央区の法律事務所に電話をかけ、「手を引かないとひどい目に遭うぞ。目をつぶしてやる」などと脅した疑い。 

【関連ニュース】
8歳児暴行容疑で母逮捕=「食事こぼし、いらついた」
法政高の元教諭2人書類送検=修学旅行で生徒暴行の疑い
あたご乗組員、包丁所持で逮捕=コンビニ強盗に関与か
8歳男児に暴行、父親逮捕=福島県警
6カ月長女に暴行容疑、両親逮捕=ヘアアイロン押し当てる

「イケメンCA」がエスコート JALが男性ばかりの「こいのぼりフライト」(J-CASTニュース)
高知新聞が「黒潮マンガ大賞」を公募(産経新聞)
フラット35の金利低下=住宅機構(時事通信)
ひとときの“蜜月”演じる 橋下知事と平松市長、笑顔でパレード(産経新聞)
若手外科医スキルアップ 手術あと目立ちにくい縫合術競う(産経新聞)