鳩山由紀夫首相は11日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、日米実務者協議が12日にワシントンで開かれることについて「アジアの今日的な状況の中で、日本の国益、さらには世界の平和と安定のためにしっかりと議論してもらう。これに尽きる」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
前原氏ら「鳩山続投容認」発言 狙いは“小鳩”分断&弱体化
普天間飛行場移設案の変遷 
政府が5月末決着を先送り 断念普天間めぐり関係閣僚協議 混乱拡大へ
政策、理念は置き去り…参院選候補、民主、自民など各党とも著名人頼みの傾向
小沢氏「ワインをごちそうになっただけ」 ルース米大使との会談認める
少子化を止めろ!

ツイッターでW杯応援 スカパー!がサイト開設(産経新聞)
「看護の日」制定から20年、都内でフォーラム(医療介護CBニュース)
「肩代わり法案」参院厚労委で可決-12日の本会議で成立へ(医療介護CBニュース)
普天間問題で福島氏「5月末までに、めどや方向性を出すだけでよい」 決着こだわらず(産経新聞)
<NPT会議>紙芝居で「核廃絶」訴え…長崎の高校生(毎日新聞)