保守の立場に立った政治勢力の結集を見据え国民運動を展開する全国規模の大衆組織「頑張れ日本! 全国行動委員会」が来月2日に結成大会を東京都内で開催する。代表には前航空幕僚長、田母神俊雄氏が就任する見通し。

 準備委員会によると、急務の課題として外国人参政権の問題を取り上げる予定。国家の主権や独立を脅かしかねないとして、7月の参院選には同法案を推進する政治家に独自の対立候補を擁立することなどを検討する。

 2日に日比谷公会堂で2千人規模の結成・総決起大会を開催、安倍晋三元首相や平沼赳夫元経産相ら保守政治の確立を訴える政治家が来賓として出席する予定。幹事長に就任する予定の水島総(さとる)氏は「日本の再生に保守勢力の結集が不可欠。今後、政界がどのように離合集散しても一貫して保守政治家を応援、結集し、混迷を克服する強力な組織にしたい」と語っている。

偽一万円札 東北で51枚超“横行” 同一犯か(河北新報)
自民党新綱領の骨子(産経新聞)
元巨人桑田さんの元義兄を逮捕=架空投資話で詐欺容疑-神奈川県警(時事通信)
関電子会社係長ら書類送検=舞鶴発電所の3人死傷事故-京都府警(時事通信)
検察官が操作ミス、被害者写真をモニターに表示(読売新聞)