スカイネットアジア航空(本社・宮崎市)が運航するボーイング737-400型機3機で、国の通達で定められた点検期限を超えて運航していたことが分かり、国土交通省は24日、同社に厳重注意した。

 国交省によると、発電機制御装置のテストが600飛行時間ごとなのに631時間超過していたり、主翼のフラップの部品の非破壊検査を600飛行回ごとにしなければならないのを164飛行回オーバーしていた。昨年12月に整備計画作成のコンピューターを導入したが、プログラムのミスが原因だった。【平井桂月】

【関連ニュース】
日航機:羽田空港へ引き返し 「左エンジン不調」
航空機部品落下:エンジンの「腐食、破断」と報告書 成田
エチオピア航空機:90人乗り、ベイルート沖で墜落
スカイネットアジア機:車輪トラブル 手動で出し羽田着陸
NY行き旅客機:ドア外側に布 成田に引き返す

大阪市長、小沢幹事長らに生活保護制度の抜本改正を要望(産経新聞)
コンビニで約465万円窃盗 防犯ビデオに不審者(産経新聞)
内定率5年ぶり低水準=高校生、昨年末で75%-文科省(時事通信)
IFN添付文書の改訂内容を示した安全情報を公表(医療介護CBニュース)
入院が5週、休校が4週連続で減少―インフルエンザ(医療介護CBニュース)