女性に人気のネイルサロンで健康被害が報告されているのを受け、厚生労働省は2日、消毒方法や換気設備など衛生管理の指針策定を決め、専門家による初会合を開いた。
 ネイルサロンでは、つめを削ったり、つけづめの脱着で溶剤を使ったりするが、衛生管理は法律で義務付けられていない。
 同省が昨年実施した調査によると、約22%の施設が衛生管理責任者を定めておらず、マニュアルの作成も半数程度にとどまるなど、一部で不備が明らかになった。
 検討会では、揮発性の溶剤が外部に漏れない店舗構造の要件や、アレルギーの有無など施術前の確認事項なども議論する。今後、関係団体からの意見聴取を行い、5月をめどに基準をまとめる。 

【関連ニュース】
昨年の月給、減少率最大=3.9%マイナス
冬のボーナス、12%減=減少率最大
12月の失業率5.1%、2カ月ぶり改善=09年平均は悪化幅最大
800円へのアップ検討=最低賃金で厚労、経産チーム初会合
最低賃金上げ検討=中小企業支援策を論議

総務相、名古屋市の住基ネット離脱に反対(読売新聞)
ハイチ大地震 国際医療チームが成田空港に帰国(毎日新聞)
「誰かに止めてほしかった」=返事なく、犯行実行-検察側冒頭陳述・秋葉原事件(時事通信)
熊本の自宅立てこもり男を逮捕(産経新聞)
<住民投票法案>策定へ 条例を自治体に義務付け(毎日新聞)