二十四節気の一つで虫が動き出すという啓蟄(けいちつ)(今年は3月6日)を前に、品川区豊町の区立戸越公園で害虫駆除のためマツの木に巻かれていたこもが取り外された。

 こもは幹の一番下に巻き、越冬する害虫の幼虫などをおびき寄せるためのもの。中に入ったら出られなくなる工夫がされており、啓蟄の前に外すのがよいとされている。

 作業員は静かにこもを外し、幹についていた卵や害虫をていねいに駆除。今年はすでに羽化した虫が多かったという。

人気漫画ネット違法投稿 出版社側は条件付き“共存”模索(産経新聞)
火の回りの早さを確認 老人施設火災で群馬県警(産経新聞)
診療報酬改定は「財務省主導」-答申受け日医(医療介護CBニュース)
壱岐島沖で漁船転覆=乗組員2人死亡-長崎(時事通信)
<党首討論>政治とカネ問題に終始、内容乏しく 民主政権初(毎日新聞)