幕末動乱期の1860年、大老・井伊直弼が尊皇攘夷(じょうい)派の水戸浪士らに暗殺された「桜田門外の変」で、直弼公の命日にあたる28日、墓のある東京都世田谷区の豪徳寺で百五十回忌法要が営まれた。「歴史的なわだかまりを乗り越えたい」という井伊家十八代当主、井伊直岳・彦根城博物館館長の呼びかけで、水戸藩士と井伊家の地元を代表し、加藤浩一水戸市長と獅山向洋滋賀県彦根市長も初めて参列、両市の友好を誓った。

【関連ニュース】
全国古式砲術鉄砲サミット:ひこどん、彦根市長を訪問しPR /滋賀

北海道の公立学校 9割超で校長交渉 北教組資料 要求のませ文書化(産経新聞)
福岡・切断遺体、被害女性に交通事故トラブル(読売新聞)
自動車関係税見直しで研究会=30日に初会合-総務省(時事通信)
内部文書記録のUSB、空自小松基地で紛失(読売新聞)
「最後まで雪を楽しんで」=佐賀〔地域〕(時事通信)