気象庁は21日、竜巻や雷の発生情報を以前よりきめ細かく知らせるシステムの運用を、5月27日から始めると発表した。日本地図を細かく区切った格子ごとに、発生状況や可能性を10分刻みで1時間先まで予測し、色分けで表示する仕組み。竜巻や雷の被害は多く、同庁はホームページなどで公表し、被害防止につなげたい考えだ。

 システムは「竜巻発生確度ナウキャスト(NC)」と「雷ナウキャスト」。

 竜巻や、激しい風が地表に吹き付ける「ダウンバースト」などの突風、雷は、いずれも積乱雲(入道雲)によって起こる。竜巻を含む突風は平成3~20年で計508回確認されており、18年には宮崎県延岡市や北海道佐呂間町で死者計12人を出し、21年にも群馬県館林市などで計23人が負傷。落雷も16~20年で計74人の死傷者を出している。

 竜巻NCは、気象レーダーの情報などから、竜巻を含む突風が起こる可能性を予測。10キロ四方ごとに、2段階の「発生確度」を色分けして示す。雷NCは1キロ四方で表示。「雷可能性あり」から「激しい雷」まで4段階を色分け表示する。

 竜巻は発生件数が少ないため未解明な点が多く、竜巻NCでも過去の気象データを使ってシミュレーションを行ったところ、的中率は最大10%と“空振り”も多かった。ただ、これまで都道府県単位で出されていた「竜巻注意情報」よりはきめ細く、推移も分かりやすい情報となる。

 同庁では「雷や竜巻の可能性がある数時間前には雷注意報が出る。その時点からNCに注目するのが被害防止には効果的だ」としている。

 同庁によると、民間事業者数社が携帯電話でもNCを閲覧できるサービスを検討しているという。

<1Q84>発売開始 ファン次々と(毎日新聞)
分権推進へ連携=舛添、東国原氏が会談(時事通信)
<ライター火災>回収を検討 福島担当相(毎日新聞)
地元・米の合意得る…首相「決着」へ決意表明(読売新聞)
【from Editor】同音異義語たちと仲良く(産経新聞)