父娘で大麻を栽培したとして、静岡県警浜松中央署は12日、浜松市西区雄踏町宇布見の造園業、中村則男(54)と長女栄里(20)の両容疑者を大麻取締法違反(栽培)容疑で緊急逮捕した。

 逮捕容疑は3月ごろから、自宅庭の植木鉢で大麻草を栽培したとしている。同署は、大麻草数本が高さ数センチほどに育っていた植木鉢数個を押収した。

 同署によると、両容疑者とも「大麻を吸うため栽培していた」と容疑を認めているという。中村容疑者の母も2人と同居していたが、栽培には気付かなかったらしい。同署は、中村容疑者が大麻を栽培しているとの情報を得て自宅を家宅捜索し逮捕、種子の入手経路などを調べる。【山田毅】

【関連ニュース】
麻薬取締法違反:MDMA密輸で米海兵隊員を書類送検
中国:「麻薬預かっただけ」で死刑 運び屋は日本の困窮者
中国:日本人3人の死刑執行 麻薬密輸罪で6日に続き
覚せい剤:パトカー車内に3年近く放置 被告が隠す
大麻所持容疑:中3女子を逮捕、「同級生にもらう」 兵庫

両親海外、子が寮は不支給=子ども手当、家庭環境で左右-厚労省(時事通信)
<虐待>3歳児重体 暴行容疑で母を逮捕 博多(毎日新聞)
<転落>採光用天窓から、小3男児重傷 鹿児島・霧島(毎日新聞)
<集英社>「non・no」月1回の発行に(毎日新聞)
<行政刷新会議>事業レビューで公開基準決定(毎日新聞)