大阪市営地下鉄谷町線で昨年9月、始発の大日駅(大阪府守口市)を出発する電車が、行き止まりの壁に向かって約20メートル逆走していたことが明らかになった。自動列車制御装置(ATC)が作動したため、壁から約200メートルの位置で緊急停止し、けが人などはなかったが、運転士と車掌がそれぞれ本来と逆の運転室に乗り込み、進行方向を勘違いした初歩的ミスが原因。大阪市交通局は「あってはならないミス。申し訳ない」と陳謝している。

 同局によると、昨年9月3日午前7時25分ごろ、大日発八尾南行き電車(6両編成)の運転士(37)が、本来とは逆の最後尾の運転室に乗車。信号が赤だったのに確認せず、壁に向かって発車させた。先頭車両の運転室には車掌(37)が乗り込んでいた。先頭車両には、運転を指導する役目の助役(44)も乗っていたが、異常に気付かなかった。電車は定位置に戻ったうえで、11分遅れで出発した。

 同局の調査に対し、運転士と車掌は「出発が遅れ気味で、焦って間違えた」と話しているという。市営地下鉄では3月15日、長堀鶴見緑地線で電車がポイントを損傷させるなど脱線や衝突の恐れがあるトラブルがあった。【小林慎】

【関連ニュース】
大阪市営地下鉄:ポイント替えず通過 脱線、衝突の恐れ
文楽列車:奈良へ 平城遷都記念
鉄道トラブル:大阪の地下鉄、ポイント替えず通過 脱線、衝突の恐れ
鉄道運賃:「高い」沿線住民悲鳴 千葉・北総線、埼玉高速鉄道、大阪・泉北高速鉄道…
大阪維新の会:区を再編、区長公選 都モデル、大阪市解体--基本政策

警視庁警部補を現行犯逮捕=電車内で痴漢の疑い-千葉(時事通信)
<元次官宅連続襲撃>小泉被告に死刑 さいたま地裁判決(毎日新聞)
ボンネットバスで観光振興=鹿児島〔地域〕(時事通信)
大阪の建築士が構造計算書偽装=119件の関与物件調査-国交省(時事通信)
ロック誌高齢化の波 心は熱く目には優しく活字大きく(産経新聞)