18日午前1時55分ごろ、兵庫県淡路市大町の神戸淡路鳴門自動車道上り線で、並走する形で走っていた乗用車とトラックが接触して停止した。この事故のため左車線で止まっていた2台の大型トラックの列に、走ってきた大型トラックが追突。計5台がからむ事故となった。

 県警高速隊によると、この事故で追突した大型トラックを運転していた愛媛県今治市の運転手、別府好広さん(48)が右ひざの骨を折る重傷、乗用車とトラックの男性計2人が軽いけがをした。現場は片側2車線の直線で津名一宮インターチェンジの約2・3キロ手前。事故の影響で、同自動車道は津名一宮-洲本間が約4時間にわたって通行止めとなった。

【関連記事】
交通事故、高齢の加害者が急増 見落とし、気付かぬ例も
高齢者の自転車事故が増加 「交通ルール」への意識不足?
死因は脳損傷、ひき逃げか 愛知県半田市
芸能人の交通事故多発の原因は? 制作費削減、スター不在影響
「思いやりで事故防止を」 西日本高速がプロジェクト開始
中国が優等生路線に?

わいせつマイクロSD初摘発=携帯向け、容疑で2人逮捕―警視庁(時事通信)
献血啓発補助金を不正受給 大阪交野・和泉両市 推進協が虚偽報告(産経新聞)
<平塚競輪場>事業撤退の補償金、鎌倉市に支払い命令(毎日新聞)
最古の刺繍、西陣織で再現 聖徳太子ゆかり中宮寺(産経新聞)
覚せい剤1.3キロ飲み込み密輸=ナイジェリア人逮捕―成田(時事通信)