社民党の福島瑞穂党首は19日の記者会見で、永住外国人への地方選挙権付与問題を巡る石原慎太郎東京都知事の発言を取り上げ「事実誤認に基づく説明で、私の政治信条を踏みにじるものだ」と撤回を求めた。

 石原氏は17日、都内で開かれた地方議員の集会で「与党を形成しているいくつかの政党の党首とか大幹部は、(親などが帰化した人が)多い」と指摘。その上で「先祖への義理立てか知らないが、日本の運命を左右する法律をまかり通そうとしている」と話し、地方選挙権付与に反対の意向を強調した。

 社民党は地方選挙権付与に前向きで、福島氏は会見で「三つしかない与党の『党首』と言えば、私のことを言っていると考えた」と説明。「政治信条でやっていることを『帰化したからだ』と全くの事実誤認に基づき、ゆがめている。撤回しない場合は法的手段に訴えることを検討せざるを得ない」と話した。

【関連ニュース】
福島消費者相:国民生活センター理事長の適任者なし
社民:班目氏含め国会同意人事案に賛成へ 常任幹事会決定
福島党首:米の核抑止力「内閣に従う」
福島党首:国会同意人事案に署名「反対だがやむをえない」
社民:同意人事の対応に苦慮 政府は事前調整に否定的

橋下知事が阪神高速の料金変更に「自公政権よりひどい」と批判(産経新聞)
「iPadキラー」となるか 欧州で「WePad」注目(産経新聞)
学力テスト162万人参加へ=全公立校、13県で-文科省(時事通信)
救援衣料、延べ1万トンに 大阪のNPO法人(産経新聞)
里見2冠苦戦!?ファンとも対局…女流棋士親睦会(スポーツ報知)