「極めて深刻」「壊滅的だ」。22日午前2時半から県庁で記者会見した高島俊一農政水産部長ら県幹部は沈痛な表情を見せた。

 会見には高島部長や押川延夫次長らが出席。同じ牛舎に避難したほかの5頭への感染可能性について、高島部長らは「壁で仕切られた個別の房に入っているほか、管理者もそれぞれ別」と強調しながらも、口蹄疫の感染力に話が及ぶと「厳しいとは思っている。なんとか助けたいが…」と祈るように話した。

 押川次長によると、種牛の凍結精子は約1年分がストックされている。だが、新たな種牛の育成には7年以上かかる。避難させた6頭で、これからの数年をしのいで次の世代が育つのを待つ方針だったという。

 押川次長は「6頭がいなくなれば、30年、40年かけて作ってきたものが水泡に帰す。極めて深刻な事態だ」と険しい表情で話した。

【関連記事】
口蹄疫 20万頭ワクチン接種始まる
口蹄疫 種牛エースも殺処分へ
東国原知事、涙を浮かべ「理解と協力を」
口蹄疫 農水相発言で迷走、遅れた接種
口蹄疫でスポーツ界動く 西武や鹿島が義援金
中国が優等生路線に?

<児童買春容疑>35歳中学教諭逮捕…「若い子が好きで」(毎日新聞)
無許可業者に産廃処理を委託=弁護士と業者を告発―岐阜県(時事通信)
消費増税明記に否定的=小沢氏「第一は無駄削減」―参院選公約(時事通信)
【集う】「音禅」法要(4月24日、京都市北区の大徳寺)(産経新聞)
<国選弁護制度>利用件数1年間で9倍に 対象事件拡大で(毎日新聞)