日本に浸水などの津波被害をもたらしたチリ中部沿岸で起きた巨大地震について、東大地震研究所は1日、震源断層の長さは450~500キロ程度とする解析結果を発表した。世界最大とされる1960年のチリ地震は600~1000キロ程度とみられ、約半分だった。
 断層面のずれは最大8メートルで、これらの結果から算出した地震の規模(マグニチュード=M)は8.6。エネルギー量は、60年チリ地震(M9.5)の約30分の1だった。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記~被災地の1週間~
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕2010年チリ大地震~日本にも津波~
地震による火災か、黒煙覆う=衛星「だいち」、チリ観測
2億7000万円上限に資金援助=日本政府、チリ大地震で

<名古屋ひき逃げ>同乗の3人、処分保留へ(毎日新聞)
<愛知2児遺体>死後2日以内に冷凍?…別々に生まれた男女(毎日新聞)
沖縄本島で震度5以上観測、99年ぶり(読売新聞)
郵便不正の上村被告「検事に圧迫受け反省文」(読売新聞)
首相、5月訪中を検討=上海万博開会式出席で(時事通信)