社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は6日、党本部で開かれたブロック事務局長会議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「5月末にこだわらず、真の解決をしてほしいというのが多くの沖縄県民の声だ」と述べ、鳩山由紀夫首相が掲げた5月末の決着期限にこだわるべきではないとの考えを改めて示した。
 福島氏は「5月末には(移設先選定までの)ロードマップ、方向性を示す(ことができればいい)」と指摘した。重野安正幹事長も記者会見で「何が何でも5月末までにというこだわりを持つべきでない」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

わいせつ行為撮影し販売=DVD所持容疑で調理師逮捕-警視庁(時事通信)
「妊娠と薬情報センター」回答件数が1千件を突破(医療介護CBニュース)
<掘り出しニュース>「堀部安兵衛」「大石内蔵助」--小学校階段に赤穂義士の名前(毎日新聞)
学校現場の「問題」解決を支援 弁護士、精神科医らがチーム 千葉(産経新聞)
普天間問題 社民反発 5月政局本格化(産経新聞)