日本政府は中国当局が日本人死刑囚の刑を執行したことについて、「残念」(鳩山由紀夫首相)としながらも、中国側に新たな懸念などを表明することはなかった。

 首相は6日夕、記者団に対し、「司法制度が違う状況の中で(刑罰が)厳しすぎるという思いはあるが、このことで日中関係に亀裂が入らないように政府としても努力する」と述べた。

 岡田克也外相も同日夕の記者会見で、「どういう行為にどういう刑罰を科すかはその国の立法政策の問題だ」と述べ、中国とは司法制度が異なる以上、死刑執行そのものに抗議はできないとの考えを示した。

 一方で、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は「大変ショックだ。日本であれば死刑にならないし、国際的にみても量刑が重すぎる」と述べ、中国側の対応を批判した。

 中国側は週内に他の3人の日本人死刑囚についても刑執行を行うと通告している。

【関連記事】
中国外務省HPで質疑紹介せず 報道も抑制
赤野死刑囚、密輸図った覚醒剤 出所は北朝鮮?
中国に限らぬ薬物「厳罰」 東南アジア諸国でも
名張毒ぶどう酒事件で、最高裁が高裁に審理を差し戻し 
死刑問題のやりとり伝えず 菅副総理と温首相の会談で中国新華社
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<東広島市長選>蔵田氏が無投票で再選 広島(毎日新聞)
【ぶらり旅物語】今回は「種子島・屋久島」をぶらり(産経新聞)
<柳家花緑さん>結婚 お相手は年上の一般女性(毎日新聞)
ヒロミさんが接触事故=けがなし-東京(時事通信)
深夜の悲報、職員ら駆け付け=村本さん勤務のロイター通信-東京(時事通信)