「仕分け人 妻に比べりゃ まだ甘い」「友人の 結婚式は 婚活場」--。第一生命保険は10日、恒例の「サラリーマン川柳コンクール」の全国入選作品100句を発表した。新政権下で行われた事業仕分けを夫婦のやりとりになぞらえて皮肉る作品や、「婚活」や「草食系男子」を題材にした句が多かった。

 今年は23回目で、全国から2万9215句が寄せられた。政権交代関連では「チェンジとは 言ってたことを 変えること!」など、民主党の「マニフェスト違反」を皮肉る作品もあった。「インフルで 会社を休むも 支障無し」「もやしっ子 草食系に 成長し」など、世相を反映した句も多かった。

 逆らえず ウチのこづかい 仕分け人

 二人の子 婚活、就活 親カツカツ

 かかったぜ 新型インフル ぼく若い

 第一生命は入選作品を対象に3月12日まで人気投票を募り、5月中旬にベスト10を発表する。投票は同社の営業職員を通じて行うか、第一生命のホームぺージ(http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/index.html)で受け付けている。【宇都宮裕一】

【関連ニュース】
第一生命:渡辺専務が社長に 株式会社転換にあわせ若返り

<名古屋ひき逃げ>運転者は岐阜県内のブラジル人 行方追う(毎日新聞)
下水処理水を輸出=中東などの農・工業用-空荷のタンカーで輸送・国交省検討(時事通信)
新交通システム30分停止 大阪市営ニュートラム線(産経新聞)
普天間の継続使用、首相が否定…参院代表質問(読売新聞)
<フランス>本場もうなる「神の雫」 著名ソムリエ高い評価(毎日新聞)