小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる事件で起訴された同党の石川知裕衆院議員は9日夜、党幹部に電話し、離党する意向を伝えた。近く小沢氏と会い、最終判断するとみられる。

 石川議員は9日、地元の北海道帯広市で記者会見し、その時点での離党や議員辞職を否定し、今後の対応は「自分自身で判断したい」と含みを残していた。事件の影響で内閣支持率は低落傾向にあり、党内では離党を求める声が強まっている。別の党幹部は「本人が離党の意思を伝えれば、小沢氏は止めないだろう」と語った。

【関連ニュース】
鳩山首相:「党の判断ある」石川議員進退で
石川議員:辞職、離党を否定 保釈後、初会見
石川知裕議員:辞職せず 支援者に意向伝える
陸山会事件:石川議員起訴「戦いこれから」「出直しを」
社民党:石川議員起訴で「辞職に値」

小沢氏と距離の枝野氏起用、指導力印象づけも(読売新聞)
<外交機密費>「精査すべきだ」上納問題で福島担当相(毎日新聞)
「環境復元も」と研究チーム=2万年前の人骨発見で会見-沖縄(時事通信)
小沢氏説明責任、今後も要求=「疑惑残る」「国会で解明を」-野党(時事通信)
<雑記帳>バレンタインにカカオ焼酎(毎日新聞)