自治体職員の法務能力養成を目的とした「自治体法務検定」(第一法規など主催、時事通信社協賛)が今年6月に始まるのを記念するシンポジウムが24日、都内で開催された。
 北川正恭早大教授(前三重県知事)は基調講演で、民主党が打ち出した地域主権改革について「国のつくり方を根幹から変える、明治維新以上の改革だ」と述べ、自治体の政策立案力を高める必要性を強調した。
 政策法務の能力を試す第1回検定は6月20日、仙台、名古屋、福岡など全国13都市を会場に行われる。 

訪問看護支援事業での取り組みを報告(医療介護CBニュース)
「金にも勝る銀じゃ」河村市長決めた!真央パレードじゃ!(スポーツ報知)
民家全焼、母子3人刺される=1人重体、隣家の義弟が逃走-岡山県警(時事通信)
原爆症東京訴訟、唯一敗訴した男性の上告棄却(読売新聞)
<鳩山首相>ハーグ条約 批准準備に意欲示す(毎日新聞)