岐阜県の民主党県連幹事長、伊藤正博県議(59)と自民党県連政調会長で前議長、玉田和浩県議(66)が、08年分の政治資金収支報告書に添付した機関紙の郵送費などの領収書のコピーを同年度の政務調査費(政調費)の収支報告書にも添付し、経費を二重計上していたことが分かった。

 両県議は「事務的なミス」として、近く政治資金収支報告書を修正する。伊藤氏は「事務員のミスで、すぐに修正する」としている。玉田氏は「事務員の勘違い」と話している。【山田尚弘】

【関連ニュース】
北教組事件:政権に追い打ち 小林氏進退「世論の動向で」
北教組事件:小林氏続投 地元民主に賛否
北教組事件:1600万円原資は未解明 被告黙秘続ける
北教組事件:幹部ら2人起訴 小林議員、離党・辞職を否定
小林陣営献金:裏口座通帳に入金記録…北教組側資金か

「薬物事件、趣旨に合わない」と裁判員=密売の男に実刑判決-横浜地裁(時事通信)
<官房機密費>「適当な年月後に公開」鳩山首相(毎日新聞)
<参院選>民主静岡県連方針を小沢氏拒否「2人擁立原則」と(毎日新聞)
大阪・城東で民家火災 2人搬送(産経新聞)
築地移転ストップも、民主が用地費削除案決定(読売新聞)