2010年02月

国家公務員、65歳まで勤務なら人件費2割増(読売新聞)

 国家公務員が天下りせず、65歳の定年まで勤務するようになると、2025年度の総人件費は今より最大2割増加することが22日、総務省の試算で分かった。

 民主党は衆院選の政権公約(マニフェスト)で、国家公務員が定年まで働ける環境を作り、天下りのあっせんを全面的に禁止する一方、総人件費を2割削減することを掲げており、矛盾が改めて浮き彫りになった。

 試算は、みんなの党の柿沢未途衆院議員の要請に対し、総務省が回答した。

 それによると、一般職の国家公務員(約30万人)では07年度の退職者は1万2567人いたが、そのうち3222人が勧奨退職者で、平均退職年齢は56・7歳だった。

 試算は、年金支給開始年齢の引き上げに伴い、定年を段階的に65歳まで延長した場合を想定し、〈1〉退職勧奨は行わない〈2〉新規採用の抑制は行わない〈3〉61歳以降の昇給は行わない――の3条件を適用して行った。その結果、公務員数は25年度には4万9000人(16%)増え、総人件費は4000億円強(約20%)増加するという結果になった。

 政府は「天下りの根絶」を訴え、天下りの背景にある、50歳代で肩たたきを受ける「早期勧奨退職」を廃止する方針を打ち出している。一方、マニフェストでは総人件費を2割削減すると明記している。早期勧奨退職を廃止しながら総人件費を削減するためには、給与水準か新規採用数を抑制する必要があるが、いずれも実施は困難視されている。

大分の強盗殺人、無罪「自白の信用性に疑問」(読売新聞)
事故身代わり隠避、相手側バス支社長書類送検(読売新聞)
「小沢家には『言い訳をするな』の家訓がある」 民主・平野貞夫氏(産経新聞)
死体遺棄 冷凍の乳児2遺体 愛知のスーパー(毎日新聞)
「押尾被告が入手依頼」=知人男、麻薬譲渡認める-東京地裁(時事通信)

<雑記帳>ハタハタだけじゃない…秋田・男鹿で「地魚」検定(毎日新聞)

 秋田県男鹿(おが)市で21日、「男鹿地魚伝承士」の検定試験があった。漁業が盛んで、ハタハタ以外も多様な魚が取れる男鹿をPRしようと地元の民間団体が企画。市内外の356人が受検した。

 3時間余りの講義に続く筆記試験では「昔なまはげの衣装に使われた海草は」「夏場に男鹿沖を回遊し、ハワイではマヒマヒと呼ばれ高級魚となっているのは」など50問が出題され、調理法を尋ねる設問も。

 35問以上正解で「伝承士」に認定される。発表は後日だが、市内の主婦(66)は「地元にいても知らなかった男鹿の魚の奥深さがわかった」。魚に負けない新鮮な企画が地域を盛り上げた?【坂本太郎】

【関連ニュース】
雑記帳:秋田に来ねが~ 「がおたくん」に人気
ナマハゲの仲間、大集合 驚き泣く子供も
シンポジウム:ナマハゲの仲間、一堂に 驚き泣く子供も--男鹿 /秋田
なまはげ柴灯まつり:PR、なまはげが県庁来襲 「ちゃんと仕事してらがー」 /秋田
取材ノートから:検定 /山形

<小林多喜二祭>命日に120人、墓前に花 北海道・小樽(毎日新聞)
高速道無料化 海外では 渋滞回避が大原則/混雑課金導入も(産経新聞)
<雑記帳>「新潟おでん」売り出しに市民らが新組織発足(毎日新聞)
無登録でモンゴル投資募る=100人から5億円超集金か-容疑で業者捜索・警視庁(時事通信)
女性のスカート内盗撮=容疑でNHK職員逮捕-警視庁(時事通信)

対米、沖縄交渉「ほぼ同時に」=普天間移設で鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は24日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先に関する米国、地元自治体との調整について「沖縄の皆さん方と米国とも、基本的にほぼ同じようなタイミングで交渉を、理解を求めるための努力を開始する必要がある」と述べ、ほぼ同時に着手する方針を示した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 首相の発言は、県内移設を前提にした発言とも受け取れるが、平野博文官房長官は同日の記者会見で「現実に基地は沖縄にある。県外・国外に持って行くから沖縄と交渉する必要は全くない、という理屈にはならない」と述べ、県内移設を意味したわけではないと強調した。 

<普天間移設>福島党首「陸上案」に反対(毎日新聞)
乱気流 体が宙に 悲鳴飛ぶUA機内(毎日新聞)
「メダカのように泳いでます」=五輪選手団にもエール-野口さん、宇宙基地から会見(時事通信)
日産婦学会が直接支払制度の廃止を要望(医療介護CBニュース)
ブラジル人「以前から盗み」…名古屋ひき逃げ(読売新聞)

「昔メンバー。つい…」 57歳、勝手に加わり集団暴走の疑い 愛知(産経新聞)

 路上で見かけた暴走族に勝手に加わり、集団暴走したとして、愛知県警熱田署は21日、道交法違反(共同危険行為など)の疑いで、名古屋市中川区富川町、無職、小山一容疑者(57)を逮捕したと発表した。

 熱田署によると、小山容疑者は暴走族のグループと面識はなかったが、「昔、暴走族に入っていた。たまたま見かけ、つい、一緒に走ってしまった」などと供述、容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年12月26日午前1時ごろ、名古屋市内の国道1号で、軽トラックを運転中、オートバイなど5台の暴走族を発見。途中から勝手に加わって赤信号を無視したり、低速走行したりするなど、集団で暴走した疑いが持たれている。

 軽トラックのナンバーなどから、小山容疑者の暴走行為が発覚した。

 一緒に走った暴走族については、同署で捜査中という。

【関連記事】
暴走族、11年連続で減少 全国で583グループ 110番は約5万5千件
レディース立ち上げは「地元ルール違反」 双子少女に暴行、高2男子ら10人逮捕
「まずは都会を走ってみよう」町田で暴走の少年ら16人を摘発
少年時代、忘れられず集団暴走…40歳リーダー逮捕
「スリルある走りしたかった」 パトカーに卵、バイクで集団逃走

<新型インフル>ピーク過ぎたか…WHO、23日に判断(毎日新聞)
「ワクチン政策の統一」議論を―保団連が国会内勉強会(医療介護CBニュース)
次官→局長は「減給」、国家戦略相が強調(読売新聞)
捕鯨船妨害は遺憾=前原国交相(時事通信)
【党首討論】「民主党も設置に賛成」政治資金規正法改正の与野党協議機関で鳩山首相(産経新聞)

ポンペイ島の生活習慣病 ラグビーで防ごう 武蔵野から交流団派遣(産経新聞)

 武蔵野市ラグビーフットボール協会(姫田昭利会長)は18日、南太平洋のミクロネシア連邦ポンペイ島に交流団8人を派遣した。現地の子供たちにラグビー用具を贈って指導し、スポーツの楽しさを教えるため。22日に帰国予定。

 ラグビーが盛んなフィジー、サモアと違い、ミクロネシアではスポーツ自体があまり普及しておらず、大人の生活習慣病が深刻化しているという。

 現地で活動するボランティアから話を聞いた社会人ラグビーの名門、横河電機ラグビー部副部長で元日本代表の笹田学さんが中心となり、同社の本社がある武蔵野市の協会で交流団派遣を計画。平成21年12月にミクロネシアの駐日大使から正式要請を受けた。

 交流団は笹田さんを団長に協会の有志8人で構成。旅費はすべて自己負担で、協会や横河電機などがボール30個、Tシャツ100枚、タオル50組などプレゼントする用具をかき集めた。現地では体を接触せずにプレーできるタグラグビーを子供たちに指導する。

 協会では「ラグビーの普及とともに、子供のうちからスポーツする楽しさを知ることで生活習慣病予防につながれば」と話しており、今後も交流を続けたいという。

【関連記事】
低体温体質 筋肉量増、食生活、睡眠で改善
携帯で健康チェック 2、3年後の商品化目指す
人間ドック、60歳過ぎたら年1回受診を 健保組合の補助ある場合も
飲酒・喫煙にミカンが効く? 果樹研究所が明らかに
たばこ1箱1千円に がん対策推進協が緊急提言

<鳩山首相>米「アショカ財団」創設者と意見交換(毎日新聞)
アパート火災、子供2人死亡=3歳と2歳のきょうだい-東京・練馬(時事通信)
留置場で花札、黙認した警部補ら3人を処分(読売新聞)
<桜の開花日>木・金に集中…なぜ? 東京、気象会社分析(毎日新聞)
あかりサミットにあわせ 光のイベント、奈良に集結(産経新聞)
プロフィール

x8ulkhz9

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ