小学校の卒業証書を授与されたことを受け、有山楓ちゃんの両親は19日、奈良県警を通じて手記を公開した。全文は以下の通り。(原文まま)
 楓も小学校を卒業するときがきました。たくさんの友達と同じように卒業証書をいただけることは、とても嬉しく思います。その気持ちのかたわら、私たちの心の中には1年生の楓の姿しかなく、楓が小学校を卒業することが現実のこととは思えない気持ちもあります。親として楓を目の前に、「卒業おめでとう」と言ってあげたかったです。
 先月、11月に6年生へ送ったメッセージの返事をいただきました。あらためて楓が今もみんなの心の中にいて、そして共に小学校生活を送ってきたことが伝わってきました。楓は小学校を卒業しますが、きっとこれからも見守っていってくれると思います。
 学校や地域の方々をはじめ多くの方々が、楓が被害にあった事件を忘れず、風化させない活動を継続して下さっていることは、私たちにとって心強いことであります。子どもが被害に遭わない、子どもたちの笑顔があふれる社会になることを心より願います。
 有山茂樹
   江利。 

【関連ニュース】
「筋力弱い」鑑定結果提出=勝木被告の弁護側
指紋の鑑定書を証拠請求=「線の数合致せず別人」
指紋「被告と不一致」=弁護側鑑定

タクシー乗務距離制限、取り消し求めMK提訴(読売新聞)
歯科経営者殺害の被告に懲役23年、大阪地裁(産経新聞)
普天間問題 首相「県外は困難、気持ちを大事に…」(産経新聞)
東富士演習場で野焼き中に3人が焼死(産経新聞)
元福岡市助役らに7億円賠償命令=特別背任で有罪-福岡地裁(時事通信)