村上春樹さんのベストセラー長編小説「1Q84」の続編「BOOK3」(新潮社)が16日、全国一斉に発売された。開店時間を特別に早めた名古屋市内の書店では、朝からファンが買い求めていた。

 同市中村区名駅の近鉄パッセ8階にある星野書店近鉄店は700冊を入荷。この日は午前7時半に特設売り場を設けた。店員が「待望の第3巻が発売されました」と呼び掛けると、通勤・通学途中の人が足を止めていた。

 愛知県安城市の男性(64)は「主人公の青豆と天吾の行方が気になります」とうれしそうだった。同店には約200部の購入予約が入っているといい、西脇義高店長(38)は「出版業界が厳しい中でありがたい話題」と話していた。【高木香奈】

【関連ニュース】
1Q84:発売開始 ファン次々と
1Q84:「BOOK3」16日に発売 フィーバー再燃か
村上春樹さん:小説「1Q84」が304万部
1Q84:2巻累計39億円 ブランドムックが大ヒット オリコン書籍レポート
本屋大賞:村上春樹「1Q84」など10作品ノミネート 吉田修一「横道世之介」も

平野官房長官「邦人被害は聞いていない」 中国地震(産経新聞)
4%成長で所得5割増=「手当より仕事」明記-自民公約原案(時事通信)
雑記帳 静岡県立大の大学院生、伊東温泉で芸者デビュー(毎日新聞)
警察庁長官、北九州市訪れ「工藤会壊滅」指示(読売新聞)
部下暴行容疑、福岡県警警部補を書類送検(読売新聞)