大阪市は14日、知的障害児施設「すみれ愛育館」(城東区)で、2005~09年10月に入所者の顔を殴るなど職員による虐待が計6件あったと発表した。厚生労働省令で定められた要件を満たさずに、施錠した部屋に隔離したり、拘束具を利用したケースも計435件あった。
 市によると、昨年9月に市民からの通報を受けて聞き取り調査を実施。施設職員39人のうち4人が「自傷行為を止めるためだった」などと虐待を認めた。職員は6人の入所者に対し、洗面器で頭をたたくなどしたといい、顔を殴られた16歳の少年は5針縫うけがを負った。 

【関連ニュース】
生活保護受給者、自殺率2倍=精神疾患が影響か
所管法人余剰金の精算怠る=厚労省に2億円返納要求
冬賞与、初の40万円割れ=減少率最大の9.3%
最低賃金引き上げへ事業所調査=低水準16道県で
後期高齢者保険料、2.1%増=来年度、都道府県格差2倍強

「普天間」暗礁で鳩山内閣剣が峰 衆参ダブル選挙説も飛び出す(J-CASTニュース)
【チャイム】東大門670年ぶりに開門 解体修理のため(産経新聞)
<京急線>生麦駅でぼや、5万人に影響 線路歩く乗客も (毎日新聞)
新党?連携? 舛添氏、あす東国原氏と会談 橋下氏は連携否定(産経新聞)
「がん教育」などを今年度事業の重点項目に-日本対がん協会(医療介護CBニュース)