豊作を祈る「お田植え祭り」が愛媛県愛南町柏の金峯神社前の神田で行われ、町立柏小学校(鈴木文博校長)の女子児童が、姉さんかぶりにたすき掛けの早乙女姿でもち米の苗を植えた。

 神殿で豊作と地域の安全を祈願したのち、4~6年の女子児童が早乙女姿で3アールの神田に入り、横一列に腰をかがめ、約20センチに育った苗を植えた。

 植えられた苗は8月下旬に収穫され、秋祭りのもちまきや敬老会の赤飯として振る舞われる。5年の清家麻椰さん(10)は「うまく育ってほしい」と話していた。

【関連記事】
塩の大滑り台に子供ら歓声 香川・坂出
バラ色の門出を祝福 福山ばら祭開幕
みやびやかな祭典絵巻 島根・出雲大社の大祭礼開幕
産直市場・レストラン・洋菓子の複合施設 15日に出雲市にオープン
新たな特産品へ オリーブ牛の初出荷 小豆島
少子化を止めろ!

<カンヌ映画祭>開幕 北野作品など19作出品(毎日新聞)
肝炎に感染、廃棄用の牛内臓を貯蔵・販売(読売新聞)
もう一つのW杯、弁護士サムライ熱く 大阪弁護士会の“得点王”が最終調整(産経新聞)
高さ14m「足すくむ」新入社員、電柱登り訓練(読売新聞)
<火災>マンション一室全焼 遺体は住民28歳男性か 横浜(毎日新聞)