札幌国税局は23日、09年に道内の自営業男性1人に業務を依頼し報酬約340万円を支払う際、所得税約34万円の源泉徴収を怠るミスがあったと発表した。会計課職員が契約相手を「個人」ではなく、源泉徴収の義務がない「法人」と誤認したのが原因という。

 国税局によると、2月の臨時監査で徴収漏れが判明。男性に謝罪し税額分の返納を求め、札幌中税務署に納付した。契約内容や男性の業種は「個人の特定につながるので公表できない」(国税広報広聴室)としている。

 国税局は「チェック体制の強化を図り、再発防止に努める」とのコメントを出した。【大谷津統一】

携帯に新作マンガ、アニメを配信 バンダイ子会社が3月から(産経新聞)
<都立広尾病院>USBメモリー紛失 患者138人分(毎日新聞)
「再び教壇へ」男性教諭に肝移植を=支援者らが募金呼び掛け-岐阜(時事通信)
人から人へ感染か=タミフル耐性ウイルス、兵庫と鳥取で(時事通信)
<脱税容疑>弁護士、会計士ら逮捕 土地取引で7.7億円(毎日新聞)