1日から7日までに全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者は1カ所当たり4.26人で、前週(6.46)からさらに減少したことが12日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。1週間の推計患者数は約22万人で、夏以降の累積は推計約2028万人。ほとんどが新型とみられる。
 都道府県別では山梨(10.70)、福井(10.53)、沖縄(10.12)、埼玉(7.61)、静岡(7.27)の順に多い。秋田を除く46都道府県で前週より減少した。 

【関連ニュース】
インフル患者、再び減少=累計2000万人突破
インフル患者、8週ぶり増加=週48万人、ほとんど新型
インフル患者減少、7週連続=子供で増加傾向
余っても解約条項なし=輸入ワクチン、大量廃棄も
インフル患者、6週連続減少=ほとんど新型

<足利事件>謝罪論告わずか1分 菅家さん表情硬く(毎日新聞)
<マータイさん>「KYOTO地球環境の殿堂」入り(毎日新聞)
政治資金規正法改正に意欲=首相(時事通信)
与謝野氏、激しく首相追及「平成の脱税王だ」 衆院予算委(産経新聞)
コーエー、「朝鮮海」地図刷新へ ユーザー批判に配慮(産経新聞)