JR東日本によると、停電の原因となったのは、「WiMAX(ワイマックス)」と呼ばれる高速無線通信サービスのアンテナ用ケーブルだった。

 駅構内でインターネットを利用する人たちのためのサービスで、専用の通信カードを使えば無線でインターネットに接続できる。

 JR東が昨年から首都圏の各駅に設置を進め、目白駅には昨年1月に設置。保守点検はJR東が行っている。現在、首都圏の111駅で導入されており、JR東は24日、目白駅と同様に屋外にケーブルが設置されている巣鴨駅など3駅で状態を緊急点検した。

 サービスを提供するUQコミュニケーションズ(東京・港区)によると、JR東のほか、成田、羽田空港やホテルなど全国約120施設で利用されている。同社広報担当者は「ケーブルは設置から1年ほどしかたっておらず、自然に切れるとは考えにくい。原因は分からないが、今後、当社としても点検のあり方を考えたい」としている。

自宅玄関に「爆発する」と張り紙=差し押さえを妨害、73歳男逮捕-佐賀県警(時事通信)
雑記帳 クラゲの水族館、来館者数がV字回復 山形・鶴岡(毎日新聞)
固定翼機の一部、嘉手納移転検討…普天間移設(読売新聞)
張が2連勝=囲碁十段戦(時事通信)
介護施設「利用者本位のサービス提供を」-日医委員会(医療介護CBニュース)