03年に自殺した名古屋市立北陵中学3年、柴田祐美子さん(当時14歳)の両親が、学校側のいじめに関する調査報告が不適切だったとして名古屋市に550万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、名古屋地裁であった。戸田久裁判長は「学校の調査報告に不合理な点は認められない」として請求を棄却した。原告側は控訴する方針。

 判決によると柴田さんは03年5月、自宅マンション14階から飛び降り自殺し、友人関係の悩みをつづった遺書が見つかった。学校側は同級生らに聞き取りし「いじめといわれる問題行動は認められなかった」との調査報告書を作成した。

 両親側は「学校は形式的な調査報告書でいじめを否定し、隠ぺいを図った」と学校側の調査報告義務違反を主張していた。【式守克史】

【関連ニュース】
中2自殺:「いじめ確認できず」…東京・清瀬市教委
鹿児島中2自殺:いじめが原因か 学校のアンケートで浮上
自殺:鹿児島で中2男子死亡 遺書なく学校で原因調査へ
中2自殺:「遺書に名」生徒ら提訴 岐阜・瑞浪
中2自殺:いじめ示唆のメモ公開 市教委は「確認できず」

羽田新駅火災 照明器具がショートし出火か(毎日新聞)
北方領土問題で協議加速迫る(産経新聞)
新党結成へ5日夕最終調整 平沼、与謝野氏ら(産経新聞)
重度障害者 脳波で意思表示 産総研が開発(毎日新聞)
谷垣氏が民主党不祥事続発を追及(産経新聞)