北日本上空を氷点下約50度の非常に強い寒気が通過するため、7日明け方にかけ、北日本と北陸地方を中心に雪を伴った強い風が吹き、東日本の山沿いでは大雪になる見込み。

 気象庁は暴風雪や高波、大雪に警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、6日午後4時現在、群馬県では24時間の降雪量が70センチを超えたところがある。7日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多いところで群馬県で70センチ、長野県で60センチ、北海道・東北・北陸の各地方で50センチ、岐阜県で40センチとなっている。

 また、北陸地方と東北地方の日本海側では6日夜遅く、北海道では7日明け方にかけて、最大風速が18~20メートルに達するという。この影響で、北日本の日本海側と北陸地方では波の高さが6メートルを超える大しけになると予想される。

郵政グループ、3社体制に=政府が改革素案(時事通信)
実質年3.46%の高い伸び=昨年10~12月期GDPの民間予測(時事通信)
酒屋からビアだる盗み売る、3年間で1万5千個(読売新聞)
SBI証券に業務改善命令=システム障害を放置-金融庁(時事通信)
堺市職員、盗撮で現行犯逮捕=大阪府警(時事通信)