鳩山由紀夫首相は15日夜、16日から平成21年分の所得税の確定申告がスタートするにあたり、「当然税金を払っていただき、そのことで国民の皆さんのお暮らしを守る政治をつくり上げていく。この国をさらによい国にしていくために税金をお支払いいただきたい」と述べ、国民に納税を呼びかけた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は母親から7年間で約12億円6千万円の資金提供を受けながら申告していなかったが、この件を関しては「政治に対する信頼を回復させていかねばならない。そのような思いで自らも戒める」と述べただけだった。

【関連記事】
子ども手当「23年度は満額」 首相が強調
北海道教組から民主・小林議員側へ1000万円超の裏金か 札幌地検が捜査
「今まで米国に依存しすぎた」首相また問題発言 
おこちゃま政権のむなしすぎる国会論戦
平成の脱税王と居眠り副総理

嘉手納統合案提示へ―国民新(時事通信)
元県職員に有罪=道路回数券着服-千葉地裁(時事通信)
外交機密費上納の「闇」民主が使途公表NGの理由(J-CASTニュース)
<雑記帳>赤ヘルファン注目、球場のお宝売り出しへ 広島市(毎日新聞)
振り込めグループ6人逮捕=同様手口の被害2億円-兵庫県警など(時事通信)