東京都杉並区立杉並第十小学校で08年6月、6年生の中村京誠君(当時12歳)が校舎屋上の天窓を突き破って転落死した事故で、東京簡裁は、業務上過失致死罪で略式起訴された宮山延敬校長(56)と、授業を担当していた塩田弥生教諭(51)にそれぞれ罰金20万円の略式命令を出した。命令は9日付。杉並区教委によると、2人は罰金を納付する意向だという。

【関連ニュース】
文科省:天窓の安全管理の徹底求める通達 鹿児島の事故で
天窓転落:校長ら略式起訴 杉並の小学校
鹿児島・霧島の男児天窓転落:文科省、安全管理の徹底求める通達
東京・杉並の小6転落死:校長ら2人を略式起訴
霧島の男児天窓転落:市、天窓に保護柵設置へ 事故受け、7校25カ所に /鹿児島

狩野探幽の障壁画をデジタル再製 京都・一休寺(産経新聞)
訪問13回も「懐に飛び込めず」行政が見逃した虐待死、3つの要因(産経新聞)
サマランチ前会長 商業主義功罪相半ば 「国変わる」持論(毎日新聞)
愛子さま、登校続ける=始業式から1週間(時事通信)
長野で一家3人不明、山林を遺棄容疑で捜索へ(読売新聞)