名古屋市千種区の市立振甫(しんぽ)中学校(青山金一校長)が1年生の学級編成を誤り、市教育委員会からクラス替えを指導されていたことが22日分かった。春休み中に転入生が増えたため1学級増やす必要が生まれ、市教委は教員を1人増員したが、学校側は学級を増やしていなかった。学校は同日保護者説明会を開き、30日にクラス替えすることを説明する。

 愛知県は09年度の新入生から35人学級を導入した。市教委教職員課によると、同校の入学予定者は当初175人で、35人のクラスがちょうど5クラスできる計画だった。ところが転入生が2人あり、学校は4月1日付で市教委に「6学級になる」と報告。市教委は教員1人を増員したが学校側は5学級のままで学級編成していた。同校の小坂基之教頭は「大変迷惑をかけた」と話している。【丸山進】

【関連ニュース】
新教育の森:小学1年生に「スタートカリキュラム」・仙台市
教員人事権移譲:副文科相容認 大阪府11年度から実施へ
<全国学力テスト>小6の算数の問題と解答
<毎日かあさんち・投稿募集>新生活に慣れるには

女性警察官に痴漢した男逮捕「手が当たっただけ」と否認(産経新聞)
「泣きやまぬ」1か月の次男、父に殴られ重傷(読売新聞)
最優秀は激辛「国民にたっぷり仕分けされる夏」(読売新聞)
「『両さん』像折った」男が出頭=器物損壊容疑で書類送検へ-警視庁(時事通信)
対戦車誘導弾、検査中に誤発射…壁突き破る(読売新聞)