今年の本屋大賞にノミネートされた小説「船に乗れ!」(ジャイブ)で知られる作家、藤谷治さん(46)愛用のチェロが盗難被害にあっていたことが5日、分かった。警視庁北沢署で窃盗事件として捜査している。三十数年前から愛用し、小説に登場するチェロのモデルにもなったといい、藤谷さんは「お金にかえられるものではなく、何としても見つけてほしい」と話している。

 同署や藤谷さんによると、3月27日午後3時ごろ、東京都世田谷区北沢のビル2階にある藤谷さん経営の書店で、ドイツ製チェロ(数十万円相当)と弓2本が白いケースごとなくなっているのを藤谷さんが見つけた。店の裏口は前日夜から無施錠だったという。

 「船に乗れ!」は、音楽高校を舞台に、チェロを弾く少年を主人公とした青春小説で、3部作で累計12万部を発行。藤谷さんは「チェロを毎日弾きながらイメージをふくらませて書いた小説。チェロといえば、僕にとってはあのチェロ1つだけ」と話している。

【関連記事】
AKB内ユニット、“握手券”の盗難&偽造で握手会中止
奇跡が起きた!のあのわ、盗難チェロ戻った
叶姉妹、ブログで盗難告白「とっても悲しい」
やる気まんまん盗難 大半が行方不明で「原稿返して」 横山プロ
盗難のカーネル像発見 米ケンタッキー州で

病院の規模で収入傾向が2極化―帝国データ(医療介護CBニュース)
本番たのしみどすえ 「鴨川をどり」衣装合わせ(産経新聞)
久保が初防衛=将棋棋王戦(時事通信)
【ぶらり旅物語】今回は「種子島・屋久島」をぶらり(産経新聞)
「規制改革庁」創設を=経済同友会が提言(時事通信)