鳩山由紀夫首相は17日午後、元秘書の逮捕を受け検察批判した小沢一郎民主党幹事長を全面的に支持する考えを示したことについて「(幹事長)続投を認めるという意味で言った。検察批判をするとか、捜査に予断を与えるものではない」と釈明した。また、小沢氏については「しっかりと身の潔白を説明すると言っているので、それを信じたい」と語った。視察先の神戸市内で記者団の質問に答えた。
 首相は16日に首相公邸で小沢氏と会談。小沢氏が「幹事長を辞めるつもりはない」と伝えたのに対し、首相は「どうぞ闘ってください」と了承した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

「女性埋めた」と男が出頭=京都府内で捜索-兵庫県警(時事通信)
卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件-甲府地裁(時事通信)
<小沢幹事長>虚偽記載関与を否定 聴取後に会見、文書配布(毎日新聞)
北海道・根室で震度3(時事通信)
石川議員逮捕 「大きな闇解明を」“敵失”に勢いづく野党(産経新聞)