あらゆる組織や臓器の細胞になることができるヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、肝臓の細胞を高い効率で作り出すことに成功したと、医薬基盤研究所(大阪府茨木市)と大阪大の研究チームが5日、明らかにした。これまでもiPS細胞からの肝臓細胞の作製は報告されているが、効率は1~3割にとどまっており、高効率化が求められていた。高い純度の肝臓細胞ができたことで、新薬創出への応用が期待される。

 肝臓細胞は従来、培養液中のiPS細胞にタンパク質を加える手法で作られていた。基盤研の水口裕之チーフプロジェクトリーダーらの研究チームはウイルスを“運び屋”として利用し、iPS細胞に2種類の遺伝子を順番に導入することで、生成される細胞の8~9割を肝臓細胞にすることに成功した。

 肝臓細胞は新薬開発の際に効果や毒性を確かめるために使われるが、これまでは生体から採取した肝臓細胞が使われており、高価で性質も十分ではなかった。ヒトiPS細胞から効率的に肝臓細胞を作り出せれば、新薬開発に大きく貢献できると見込まれている。

 基盤研の川端健二プロジェクトリーダーは「より完全に成熟した肝臓細胞への分化を目指し、製薬企業などに安定的に供給できるよう、研究を進めたい」と話している。

【関連記事】
培養続けたiPSに異常 遺伝子に繰り返しや欠損
iPS細胞から「腸」成功、臓器で初 奈良県立医大
ガン化を回避 iPS経由せずマウス尾から神経細胞を直接作製 
免疫不全の実験用ラット作製 京大チーム、世界初
iPS細胞使用の倫理性について論説発表 京大准教授ら
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<完熟マンゴー>「太陽のタマゴ」2個で20万円 宮崎市場(毎日新聞)
フィギュア 高橋大輔選手が地元・岡山でパレード(毎日新聞)
首相「数日のずれ、大きな話でない」 普天間政府案の月内とりまとめ(産経新聞)
<訃報>小山千鶴子さん98歳=小山勇中日新聞社顧問の母(毎日新聞)
空自家具入札で官製談合=職員関与認定、防衛省に改善要求-公取委(時事通信)